地区紹介

内房線沿いに、八幡、五井、若宮等市原市の北部 市原市 国分寺台を中心 市原市 姉崎、桜台、有秋、光風台等 市原市 辰巳台、ちはら台、市原市の北東部 市原市 牛久を中心に、南部 東金市中心 大網白里市中心 茂原市中心


市原第1団:内房線沿いに、八幡、五井、若宮等市原市の北部

市原第3団:市原市 国分寺台を中心

市原第5団:市原市 牛久を中心に、南部

市原第6団:市原市 辰巳台、ちはら台、市原市の北東部

市原第7団:市原市 姉崎、桜台、有秋、光風台等

東金第1団:東金市中心

大網白里第1団:大網白里市中心

茂原第2団:茂原市中心

「地図の団名をクリックすると各団の紹介ページに飛びます。
質問等ありましたら“
参加連絡先”からお気軽にお問い合わせください。」
 


日本ボーイスカウト千葉県連盟上総地区紹介

上総地区副協議会長 鈴木国夫

第2次大戦後の1948〈昭和23〉年、進駐軍の命により千葉県に初めて誕生したボーイスカウト隊の市原第1隊は、1958〈昭和33〉年団制度発足にともない市原第1団となり、活動を展開しました。昭和40年代に市原市内に4個団が発団、1973〈昭和48〉年には市原地区協議会が発会し、実質上総地区の誕生となりました。
1975〈昭和50〉年に県内全域が9地区に設定され、市原地区を核に上総地区となりました。その後、発団、分封があり、1988〈昭和63〉年に地区再編が行われ、地域的には市原市5個団、茂原市・東金市・大網白里町各1個団の3市1町の現在の8個団構成となりました。上総地区は市原から東金まで車で1時間強を要し、内房から外房、九十九里にまたがる広大なエリアで、海あり、山あり、河ありの活動としては大変恵まれた環境下にあるといえます。
2003(平成15)年10月には、地区発足30年を記念して千葉県子供の国で一般入園の多くの子どもたちも仲間に加え、ボーイスカウトならではのイベントを展開し、未来に向かって新しい発想のスカウティングの歩みを決意したのも記憶に新しいところであります。
 

 


HOME